導入コストが安い

デジスタはスマートフォンのブラウザ上で電子スタンプを押すソリューションなので、今ままでの紙で印刷していたポイントカードやアプリ等で運用していた電子ポイントカードより、かかるコストは安く、手軽に導入・運用できるようになります。
これまで紙のスタンプカードを採用をしていた場合、
スマホに直接押せるデジスタがさらに便利!
  • 印刷コストの削減
  • スマホで完結するため持ち忘れが起きづらい
  • ポイント付与の業務がスムーズに
紙のスタンプカードとデジスタとの比較
スタンプカードは、2つ折りのダブルタイプと2つ折りではないシングルタイプの2種類あります。

例えば、とある会社のスタンプカード専門店では、シングルタイプの500枚が21,900円、ダブルタイプの500枚は24,000円で販売されています。シングルタイプの方はコストがかからず財布がかさばらないのが魅力的です。

しかし、どちらにしても、カード本体とスタンプ(印鑑)が必要です。スタンプは1本(6ミリサイズ)で1,900円。予算としてシングル500枚の発注であれば23,800円かかります。またカードがなくなるとその都度、料金が発生します。

仮に1店舗1カ月100枚の注文だとすると、5カ月後にカードの再注文が必要です。再注文の場合、10%の割引が受けられますが、リピート数が増えれば増えるほどコストがかかるのがポイントカードの現状です。

このスタンプカード専門店の場合は、製版代や送料が無料ですが、他の通販サイトなどでは、送料や製版代(印刷代)がかかるところもあります。紙のポイントカードは在庫が足りているかどうかの管理も必要で、従業員に負担がかかることでしょう。
デジスタを導入する場合、AndroidやiPhoneなどのスマホ上にデジタルスタンプカードを作成し、提示いただいた画面へタッチパネル機能を利用して直接スタンプを押印します。

電池やACアダプターは不要で、プラスチック素材のスタンプを使うことからデジタルとアナログの両方のよさを兼ね備えた新しいシステムといえます。初期費用は30,000円程度からとなっており、月々にかかるコストは7,000円からでスタンプ本体の価格は1本3,500円です。

紙のスタンプカードに比べると、初期費用はかかりますが、デジタルならではの魅力があります。
例えばスタンプ履歴などの情報をリアルタイムにブラウザ上で管理できるため、登録数の集計などの手間がかからず、顧客管理に役立つでしょう。

公式ホームページを作成している店舗では既存のホームページにポイントカードを配置できるため、顧客や会員がスタンプを押すたびにホームページを訪問することになり、サイトへの訪問数を増やすことにつながります。

さらにスタンプ押印の際に動画が自動で再生されるムービー再生機能もあり、動画再生数UPにも効果的です。また既存のアプリがあれば、アプリにポイントカードを組み込むこともできます。他にもイベントで使えるスクラッチくじやクーポンの使用回数を制限するシステム、スマートフォンにチケットを表示することで転売を防止するシステムなどもあります。
紙のポイントカードやスタンプラリーより導入コストも安く柔軟に対応することができ、今までのアプリと比べても製作コスト、保守コストも安くなる「デジスタ」は電子スタンプがあれば導入できます。
紙のポイントカード
・デザイン製作
・カード印刷
・追加の印刷
・初回制作費
・システム利用料
・追加の印刷は必要ない
例えばお店のポイントカードなら、初回のデザイン、スタンプなどの制作費に加え、運用が始まったらカードを無くしてしまうお客様も多いでしょうから、再度印刷して配布し続ける等維持するコストもかかります。
デジスタであれば、ブラウザで簡単にHPを作成するような形で作れてしまうので、初期費用もお安くできる上に運用の段階になってもカードの増刷等も無くお客様のスマホ上に何人でもポイントカードを発行することができます。
スタンプラリー・スクラッチカード
・デザイン製作
・カード印刷
・来場予測よりも多めの印刷
・初回制作費
・システム利用料
・来場者にあわせてスマホ上でスタンプカードを発行
また、イベント等でのスタンプラリーで使う場合も、来場者が予測難しい場合スタンプカード等も多めに印刷しがちです。
デジスタなら、来場者予測が立てづらい場合でも来場者はスマホ上にスタンプカードを作成していくので印刷物のロスもありませんし、抽選等ある場合も適宜抽選確率は変更させることはできるのでスクラッチカードを作成するような手間もないことから、導入、運用に関してわかりやすいコストの計算となります。
スマホポイントカードアプリ
・アプリ製作費用
・アプリ審査等
・アプリ保守費用
・初回制作費
・アプリのような審査は無し
・OSのバージョンアップに伴うシステム修正は少ない
従来のアプリ型の電子ポイントカード比べても安い!
今まであった「iBeacon」や、「NFC」、「音で判別する」ような来店促進のアプリと比べても、初期開発費、アプリ審査、アプリ保守等のコストを比較しても圧倒的にお安く開発、運用が可能です。
また、スマホに搭載されているOS等々がバージョンアップしたとしても、ブラウザはその影響を受けることが少ないので安定した保守体制で運用可能となります。
店舗のポイントカードの形態、改めてご検討を
数多くの店舗がポイントシステムを導入し顧客獲得につなげています。紙のポイントカードを使用している店舗の中には、カードを忘れた顧客への対応やポイントカードによる集計ができないなどの悩みを抱えている店舗も多いのではないでしょうか。

デジスタならこれらの悩みを解消できそうです。しかし、あまり顧客管理が必要ではない習いごとや顧客層によっては、紙タイプがよいこともあります。 どちらを利用することが店舗の利益になるのか、再検討してみてはいかがでしょうか。
お問い合わせ
デジスタとは 各種サービス イベント向け
スタンプラリー
スマホでスタンプラリーをするメリット リアルタイムに把握できる集計情報 スクラッチ スタッフ派遣 スタンプ台製作 店舗向けポイントカード 集計画面 ポイントカードの効果 イベント制作 SEO対策にもなる!? スクラッチ 圧倒的な費用対効果 クーポン消込 Web広告との親和性 ホームぺージへの組み込み チケットもぎり 費用対効果 制作:データ分析も楽々 導入事例 トピック 導入までの流れ
お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
繁盛プロジェクトは、web制作、プロモーション、ソーシャルメディアマーケティング、
動画制作、アプリ制作等を、お客様の様々なニーズに柔軟に対応し、ご予算に合わせてワンストップでのサービスを提供いたします。
株式会社繁盛プロジェクト
〒223-0053 神奈川県横浜市港北区綱島西2-4-18-403
TEL 03-4546-1939
FAX 03-6893-8545
HP http://hanjyo-project.com/